シルバー人材センターは高齢者の「知識」「経験」「技能」を通して地域社会に貢献する組織です。

シルバー人材センターとは

  • HOME »
  • シルバー人材センターとは
シルバーセンターとは

 

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターは、健康で働く意欲のある、原則60歳以上の方が、豊かな経験・技能等を活かし、就業等を通じて社会参加することにより、生きがいの充実をはかっていこうという目的で、法律(*)で指定された営利を目的としない公益法人です。
センターは「自主・自立、共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的な参画により運営されています。

*「高年齢者等の雇用安定等に関する法律」昭和61年4月30日 法律第43号

 

シルバー人材センターの働き方

センターは高年齢者にふさわしい仕事を、家庭・企業・官公庁などから請負・委任の形で引き受け、これを会員に提供します。
会員はセンターから請負・委任の形で仕事を引き受け、いわば一事業者であるといえます。
したがって、発注者及びセンターとの間に雇用関係はありません。
会員は引き受けた仕事が完了したら発注者に確認を受け、就業報告(作業日報)をセンターへ提出します。
センターはこの報告書に基づいて発注者へ請求を行い、会員へ配分金(仕事の対価)を支払います。

シルバー人材センターのしくみ

会員の活動


就業 ›


会員の皆様の経験や能力を活かせるようお仕事を提供します


ボランティア活動 ›


地域社会に貢献するため、各種社会奉仕活動を行います


親睦交流 ›


会員は互助会のクラブ活動などを自主的に企画・運営し、親睦交流、生きがいづくりを図っています

PAGETOP